自分を大切にするとは?ありのままに生きよう!人生が少し楽になる考え方

Uncategorized

「自分を大切にしたい」

でもどうしたらいいのかわからない。

「そもそも自分を大切にするとはどういうこと?」

あなたは今結婚して子どもが生まれ、
一般的には幸せな生活をしていますよね?

でも理想と現実は全然違った。

  • もっと余裕ある育児ができると思っていた
  • 旦那さんが全然自分の話を聞いてくれない
  • インスタとかで見るキラキラママってほんまに存在するん?

痛いほど気持ちがわかります。

だってこれ私の気持ちだから

現在進行形で「自分を大切にする」練習中の私が
実践していることをお伝えしますね。

ちなみに家庭内のことって
なかなか身近な人に話せなかったりしますよね?
もしよかったらこちらのLINE@に
日々思ったことや悩みや愚痴を吐き出しませんか?

もちろんお金はかかりません!

ただ吐き出す場として活用してもらえたら。

「世の中のお母さんが笑顔で子育てできる社会に」

そんなこと日々願ってブログを書いています。

自分を大切にするとは?

ずばりありのままに生きること!!!

(…って言われましても)

ということで1つづつ解説していきますね。

ありのままに生きよう!

ありのままに生きるとは
「自分の本音に従って生きるということ」

いちばんわかりやすい例でいうと
2歳イヤイヤ期真っ最中の子ども。

眠たい時は寝たいし

こんな時間に寝られたら夜寝えへんやんかぁ泣

食べたいときは好きなもの食べたいし

今から夕食やのになんでパン食べるんよぉ泣

子どもって欲求のままにしか生きてないですよね?

「あー今日保育園で気遣って疲れたわぁ」
っていう2歳児がいたらちょっと見てみたい(笑)

手っ取り早いお手本は子ども。
子どもが今何を考えているか考え、
そしてどんな行動をするのか観察してみる。

あなたも同様に
自分が今何を感じているのか感じ、
(疲れているのか、眠いのか、トイレに行きたいのか)
そしてその感情に従った行動をしてみてください。

そんな小さな行動1つづつの積み重ねが
幸せの積み重なりになり
自分を大切にできていると実感できるのです

自分で「直感」で決断してみよう

実は自分で決めたと思っていても自分の気持ちと
違う決断をしてしまっていることがあります。

どういうことかというと

例えば
お友達とランチに行きました。
お友達は980円のランチセットを注文しました。
私は本当は2000円のランチセットを食べたいと思っています。

でも

  • 専業主婦が2000円ランチなんて高すぎるな
  • お友達に「そんな高いもん食べて」と思われたらイヤやな

など直感のあとから追いかけてくる「思考」によって
980円のランチにしてしまう。

振り返ってみると食べたいもの(直感)より
「自分に見合っている」と思っているもの(思考)を
選んでいませんか?

「できない」ことは「できない」と言ってみよう

私は子どもが生まれるまで
「自分は子どもが大好きだし、家事も好きだから
専業主婦に向いている」と思っていました。
しかしその考えは子育てが始まるとすぐに
否定されることになってしまったのです。

結果から言うと
私は子どもとずっと一緒にいれるタイプではなかったし
「さえぎられること」がとてもストレスに感じるタイプであると
気づいたのです。

しかしそれらに気づきつつも

  • お母さんは小さいうちは子どもと一緒にいるべき
  • 子どものために栄養あるご飯を作るべき
  • 専業主婦は家事全般、完璧にこなすべき

など、謎の固定観念で自分を縛り付け
できないことをやり続けてきたのです。

でも自分のストレスが募り

  • 子供にはイライラ八つ当たり
  • 旦那にももちろん八つ当たり(笑)
  • そんな自分が嫌いになる

という負のループが生まれてしまったのです。

そのループから抜け出すために
今は「できない」ことは「できない」という練習をしています。

でもやってみて思うんですけど
実はそれってすごく勇気のいること。

  • 何もできない自分は無能だと思われたらどうしよう
  • 嫌われたらどうしよう
  • 代わりにやってくれる人いなかったらどうしよう

でもその一歩踏み出した勇気の先に
見える世界は全然違います。

実は周りの人はあなたの「できないからやってほしい」という言葉を
待っているかもしれません。

あなたが思っているより
世界は愛に溢れていて優しい。

そして「ありのままのあなたでいいんだよ」って
自分で自分を認めてあげられたらいいんじゃないかな。

「やってみたい」けど「不安」だと思うことをやってみよう

日々ふとやってみたいと思うことはありませんか?

例えば私なら

  • ダンスを習いたい
  • 旅行に行きたい
  • 友達とカラオケに行きたい
  • 晩御飯は作るのは面倒だから今日は出前にしたい

などなどジャンルは様々。

でもいろんな理由をつけて自分の気持ちを
押し殺してしまうことのほうが多くないですか?

  • 「お母さん」だから
  • お金は自分のことに使ってはいけないから
  • 子どもがいるから
  • 時間がないから

でもその理由っていろんな「不安」から
出てきていることが多いんです。

  • 周りからなんか言われたらイヤやな
  • お金が無くなったら困るな
  • 子どもに寂しい思いをさせたらどうしよう

やってみたらわかります。

周りは思っている以上に自分のことなんか見てないし(笑)
お金も案外なんとかなるもんやし
子どもはお母さんが笑ってたら一緒に笑ってる。

一度やってみたことは
2回目からはハードル下がって
普通にできますよね?

そうやって思い込みを解放していくために
まずは「えいっ」と飛び込むことをおすすめします。

人生が少し楽になる考え方

正解はない

世の中にある情報に正解はありません。

何冊もの育児書を読んで頭が混乱した経験はありませんか?

「Aという本はこれはやっても問題ないと言っているけど
Bという本は絶対やってはいけない」と書いている。

つまり正解と感じていることでも
それは大多数の意見に過ぎないだけなのです。

そもそも正解がないのなら
自分がいいと感じたもの、正しいと感じたものを
選びませんか?

たとえその選択が間違ったと感じても
自分の選択なのだから大丈夫。
それに長い人生を生きていると
「あのときの辛い経験はこのためにあったのか」と
感じられる日が必ず来ます。

【おまけ】それでも行動できない人におすすめ「アクセスバーズ」

アクセスバーズとは簡単に言うと
「思考の断捨離」です。

脳にある32個のポイントに軽く指をあてるだけで
体の生体電流を用いて今ある「価値観」や「思い込み」を
取り去る施術です。

アクセスバーズについて詳しくはこちら

私もセッションできますので
気になる方はLINEやメッセージください。

まとめ「子ども」のようにありのままに生きることが自分を大切にすることだ!

自分を大切にするとは
直感に従って子どものようにありのままに生きること。

簡単そうに見えて難しい。
特に子どもがいると意識しないと
なかなかできません。

しかし、親である自分自身が「自分を大切に」できていないと
当然子どものことも大切に育てられません。

「あなたのため」と思って
子どものために我慢していることやイライラしていることは
どれだけ幼くても伝わってしまいます。

自分を大切にすることは
子どもを大切にすることに繋がります。
ぜひ、直感を信じて行動する練習をしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました