家計を制する者は家庭を救う!車は買う?借りる?シェアする?査定のポイントも公開

ライフスタイル

「結婚したから車を買う」

「子どもが増えたからミニバンにしよう」

そんな風に車を持つことが当たり前だった時代は一昔前のような気もします。

「持つ」「持たない」

「買う」「借りる」「シェアする」

選択肢が昔より広がり、車に対する価値観が多様化されるこの令和の時代。

選択肢が広がるのは自由さが増えていいなぁと感じつつも、主婦としては「とにかく固定費下がったら何でもええねん!だから答えだけ教えてくれ!」と、本音がついつい漏れてしまいます。

私自身特に車に興味はありません^^☆

実用性重視なので、多少の見た目と機能性重視で、車は「買う」か「借りる」か「シェアする」かを検討していきたいと思います!

実際の経験に沿って、その時学んだこと感じたことを書いています。

流れ(新車購入→乗り換え→査定→「買う」以外の選択肢)

  • 子どもが増えた!ミニバン新車で購入
  • コロナショック!固定費削減のため軽自動車に乗り換え検討
  • 実際に中古車販売店へ出向く
  • 「買う」以外に「借りる」「シェアする」という選択肢

買う

車購入時の支払方法

  • 現金
  • カーローン
  • 残価設定ローン
  • クレジットカード

最近よく聞く「残価設定ローン」。

実は我が家、こちらの方法で新車を購入したんですよね。

(でもコロナで収入激減!車を手放すという選択に至りました…泣)

こちらについて説明していきますね。

残価設定ローンとは

車両価格から下取り価格を残価として差し引き、残りの金額を支払うタイプのローン

残価・・・「購入した車を数年後に下取りとして出した場合の価値」=「下取り価格」

メリット

  • 残価が差し引かれるため、通常のローンより月々の支払いが安い
  • 下取り価格が保証されている

ローン返済期間が過ぎた場合「車を返却する」もしくは「新しい車に乗り換える」もしくは「残価を払って買い取る」という選択肢があります。

デメリット

  • 車を返却する場合に傷やへこみがあれば査定額が下がったり、追加支払いが発生する可能性がある
  • 車を乗り換える場合、同じメーカーの車種に限られる
  • 利息が高くなる

よし、残価設定で買ったミニバンを返却して中古の軽自動車に乗り換えよう!

(全ては固定費削減のため!泣)

軽自動車のこと

軽自動車って今めっちゃ多いけどそもそもどこのメーカーがいいん?

●日本の車のメーカーは17社

●そのうち軽自動車を扱うメーカーは4社 2020年現在

  • ダイハツ(タント、ムーブキャンバス)
  • スズキ(ワゴンR、ジムニー)
  • ホンダ(N-BOX)
  • NMKV(日産三菱合弁会社)DAYZ

マツダやスバルでも軽自動車の販売はあります。

しかしそれはOEM

OEM(オーイーエム)=他社のメーカーが製造した車を自社ブランドに仕立てて販売している車

子どもがいるファミリーに人気なのはスーパーハイト系と呼ばれるタントやN-BOX!

中古車選びのコツ

我が家はまだ子どもが小さいので

  • スライドドア(自分で乗り降りさせる際、隣の車にぶつけるリスク回避)
  • できればスーパーハイト系

を条件に探してもらいました。

他に中古車選びのコツとして

  • 予算
  • ほしい車種(相場を事前に調べておくと値段交渉しやすい)
  • 年式
  • 走行距離

などをある程度かためてから中古車販売店に行くほうが話はスムーズに進みます。

ちなみに私の場合、無知すぎて「とりあえず話聞きたいわぁ~」とふらっと行ったので、営業マン有利の交渉になってしまいました。
もちろんプロなので、ざっくりと「スライドドアで。予算は〇〇万円ぐらいで。」と提示した条件から様々な中古車を提案してくれて、最終的に1つに絞ることができました。(さすがプロ!)
しかし、値段交渉の余地なく(中古車は交渉してなんぼ)、主婦という時点でも足元を見られやすいので、やはりある程度の下調べと、どっしり構えた姿勢は大事だなと勉強になりました。

車の売り方

残価設定で買ったミニバン。

ディーラーに返すべきか、他社で買取してもらうのがいいのか。

比較検討しました。

一括査定はやめておけ

ネットで検索するとよく出てくるのは「一括査定」。

必要な情報を1回入力するだけで複数の会社に見積もりを出してもらえるので、「簡単でいいやん!」と思いがちですが・・・

ちょっと待って!!!!

実際に私やりました。

入力した数分後から、いろんな電話番号からの着信が一斉にかかってきて鳴り止まない。

最初はわからず受けてましたが、そのあとしばらく登録のない電話番号からの着信が怖かったです。(3日ぐらい続いた記憶…)

「我先に!!!」とまるで罠にかかった獲物を猛ダッシュで取りに来るかのように、くらいついてくるので皆さん一括査定にはご注意ください。

※私はおすすめしません

ビックモーター

CMやラジオでおなじみの会社ですよね。

とりあえずネットで申し込んだらすぐに折り返しの電話がかかってきました。

近くの販売店に来店してくださいとのことで来店。

電話で話した内容は共有されており、同じ話を何度もせずにすみました。

(なかなかの好印象♪)

話をしながら、条件通りの車を選んでくれて、「ちょっと予算オーバーやけど買ってもいいかな」と乗り気になり、コンビニへ頭金を下ろしに行く私。

その時、知人から電話。

何してんの~?

今ビックモーター来てて、車買おうと思ってコンビニに頭金おろしにきてんねん♪

え!?!?!?あほちゃう!?そんなん頭金なんか入れんでええねん。その車なくなったらなくなったで他探せばいいし、もうちょいよく考え!

ほんまやなぁ。。もっとじっくり考えるわ。。

ありがとう知人!!!!!

たまたま電話をかけてくれなかったら私は固定費削減するために車を売りに来たのに、何も考えずに予算オーバーの中古車を買うところでした。

(私ほんまに主婦向いてない。笑)

車の契約の件、白紙にしてほしいと担当者に伝えると「契約書作ってもーたやん」と独り言の嫌味を言われ、無言でパソコンを閉じ、苦笑いでお見送りしてくれました(笑)

ビックモーター全ての接客が悪いわけではありません。

ただ、ビッグモーターのあの店舗にはもう行きたくないなと思いました。チーン。

接客は人と人とのコミュニケーション。

お客さんが買うか買わんかは営業マンの度量にもかかってると思う。

それを最後契約取れんかったからってふてくされても…ねぇ。

ガリバー

同じようにネット申し込みして、電話で予約。

ガリバーは家まで来てくれました。

1時間ずっと話しっぱなしの営業マン。

知識豊富でいろんなことを教えてくれて楽しかったです♪

例えば中古の未使用車って何?と聞くと

1.キャンセルの車

2.ディーラーの成績あげるためにディーラーが買った車

あと2台で成績達成とか

3.メーカーの成績あげるためにメーカーが買った車

5年連続ナンバーワンとか

ということを教えてくれました。

最終的に押し売りされることもなく好印象

「また良かったら電話ください」と名刺をもらったので、ガリバーならこの人かなって感じです。

ちなみに

1~3月、9~10月がやや高く売れる!

しかしそれよりも中古車の価値は「1日でも新しいほうが高い」

走行距離が増えるほど、年式が古くなるほど車の相場価格は下がるので上記の時期を待つよりかは1日でも早く売ってしまったほうがよさそうです。

特に新車の場合、月単位で価値は下がっていくとのこと。

「買う」まとめ

車を新車で買うときは現金払い、ローンのほかに残価設定ローンというものがあります。

メリットとしては月々の支払いを安く抑えて、お手軽に新車を購入できることや下取り価格が保証されていることがあげられます。デメリットとしては傷があると下取り価格が下がる可能性があること、利息が高くなることがあげられます。

中古車選びのコツとしては予算、ほしい車種、年式、走行距離等、ある程度下調べしてから店舗へ行くほうが交渉がスムーズにいきます。必ず自分の条件に見合った車と出会うことができるので、何を優先に決めるのか明確にしてから来店するのがいいですね。

車を売ると決めたらできるだけ早く売却しましょう。年式がより新しいほうが、総距離がより短いほうが高価買取してくれます。見積もりは2~3社で十分かと思います。迷ったら、ディーラー、ビックモーター、ガリバーあたりで見積もってみてください。

借りる

そもそも車を持つこと自体がお金のかかることです。

車の維持費=本体+駐車場+ガソリン+ETC+保険+車検+修理費

つまり、中古で安く購入できたとしても維持費を考えると結構かかる…。

ということで今流行りの「カーリース」を調べてみました。

カーリースとは月々定額の使用料を支払うことで自動車を使用できるサービス

メリット

  • 自動車税や車検費用も含まれた月々定額の支払いのため、月による大きな出費がない
  • 頭金なしでも新車が持てる
  • レンタカーやカーシェアより車種が豊富
  • 車を手放す際、面倒な手続きが不要

デメリット

  • 車のカスタマイズができない
  • 月間の走行距離に制限あり
  • 途中解約が基本的にできない

イメージとしては

家を「持ち家(買う)」「賃貸(借りる)」か選ぶようなものではないでしょうか。

実際に調べてみたところ月々1万円で新車を借りることも可能でした。

しかし、月額料金が安いほど契約年数は長くなる。(例:月1万円で7年契約)

月1万円といえども7年契約したとして12万円×7年=72万円の出費が確定しているのはちょっと怖い。

そもそも我が家は通勤には車を使わへんなぁ。休日や雨の日の買い物に使うぐらいやし、車に対してこだわりも興味もないなぁ。

じゃあ考え方を変えて、必要な時に必要な分だけ使うのがベストなのではないか?!

ということで我が家はカーシェアを選びました◎

シェアする

カーシェアとは登録した会員間で特定の自動車を共同使用するシステム

〇レンタカーとの違い

  • レンタカーより短時間の利用を想定した料金の安さ
  • 15分~の短時間利用が可能

メリット

  • 車の維持費がかからない
  • 24時間いつでも短時間から予約できる
  • 車検やメンテナンスの手間がかからない
  • 旅行先などでも車が使える

デメリット

  • 予約時に返却時間を設定する必要がある
  • 予約が埋まっていると借りられない場合もある
  • ステーションが近くにない場合は不便
  • 車を使用していなくても月額基本料金がかかる

カーシェアに向いている人

  • 車の利用頻度が少ない
  • 車の利用時間が短い人
  • 週末や買い物のときに使いたい人

まさしく私のこと!

家から近いカーシェアは「タイムズカーシェア」でした。

しかも現在入会キャンペーン中!2021年4月12日~9月30日

(カード発行手数料1650円&月額基本料金880円が0円)

気になっている方はぜひこの機会にカーシェアしてみてください!

まとめ

車や家を持つことに何の疑問もなく当たり前のように購入してきましたが、果たしてそれは本当に必要なのか?

今回家計を見直す必要が出てきてしまったことで、一度立ち止まって考えることができました。

「断捨離」「ミニマリスト」「シェア」という言葉が流行っているように、時代は「所有する」から「必要以上に持たない」「共有する」へと変わってきています。

買い物や週末のお出かけぐらいにしか車を使わない我が家は、高い維持費を払って車を所有することは必要ないと判断し、カーシェアという選択をしました。

しかし、住んでいる地域の交通の便や、通勤に必要か、保育園が遠いかなど人によって車のニーズや価値観も様々だと思います。

「車は必要でない」というわけでなく、「自分自身にとって本当に必要なのか」を、そして必要なら「買う」のか「借りる」のか「シェアする」のがいいのかを、この記事を機に考え直すきっかけになれば嬉しいです^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました